ぱのらままにあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野県 諏訪湖の夜景

サボりっぱなしのブログなので、何の写真を出しても久々になりますな


蔵出しで久々の夜景パノラマ!


春の諏訪湖を見渡した夜景です。



塩尻峠から諏訪湖の夜景

撮影日は2011年5月2日


GWのことです。

何かのパンフレットで、富士山のシルエットをバックにした諏訪湖の夜景を見て、

ここに行きたい!と迷走していました。

なんとか諏訪湖が見える場所に出たので、ここでいいかと撮った写真でした。




春の夜景は黄砂でぼや~っとしていました。

そう黄砂。

以前この黄砂についてブログでボヤいたことがあります。(記事はこちら


前日に来ていたならもっと光が多かったであろうに。







ところで、この夜景をどこから撮ったのか、さっぱりわからない。

またまた長時間写真とにらめっこです。

夜景は場所の特定が大変でした。



で、導き出した答えは、岡谷市山手町のあたりだろうということ。



どうやって判別したか。



まず、読める文字の看板を探しました。

長野県 諏訪湖の夜景

クスリ スーパードラッグ サン・・・

このままWEB検索

クスリのサンロードというスーパードラッグを発見!

岡谷市には3店舗。

どれやねん


手がかりは左隣にあるこの建物。

長野県 諏訪湖の夜景

ほてる・・・?

サンロードの店舗の一つ一つを住所で地図上の位置を特定し、近くにホテルがないか探す。

岡谷駅すぐの店舗なら近くにホテルがあってもいいのでは。


駅北にホテル岡谷というのを発見!

ホテル岡谷をWEB検索すると、外観が一致!!


この目的物が判明したときの快感よ


もう一つ読める文字がサンロードの右に見える。

長野県 諏訪湖の夜景

うう・・・?

そんな変な名前の建物があるかね???

とりあえず探すとララオカヤというのがあった。

ララだよ。

ううなんてうめき声みたいな建物ないわ!(本気で間違えて読んでた)



最後にでっかくて目立つ建物がホテル岡谷の左にあるのでそれの特定。

長野県 諏訪湖の夜景

イルフプラザというでっかい商業施設と判明!!!



この建物たちがこの並びで見える場所が山手町あたりだったというわけです。

合ってるのかどうかは全然わかりません。


長々とジコマンの理由を書きましたな



さて、ここから富士山が見えるでしょうか。

どうやらパンフレットの位置は塩尻峠からの写真だったようです。

峠よりずいぶん低い位置からの写真になりますが、富士山どころか八ヶ岳もわからぬ。


自分にできるかぎりの補正をしてみたけど、山の稜線は出てきませんでした。

これも黄砂のしわざか






さて

サンロードの店舗名が岡谷天竜店となっていました。

天竜という文字が頭の片隅にひっかかったまま地図を見ていて、

え??と気づいたことが。



諏訪湖から西に水の出口がある。

それが天竜川だということを発見したのでした。



天竜川って天竜峡しか意識してなかったけど、諏訪湖から流れてきてたとは。

今知った衝撃の事実でした。(無知ね~)



おまけで飛行機から見えた朝日に光る天竜川河口を

長野県 諏訪湖の夜景

でっかい水は浜名湖、その上に細く光るのが天竜川です。

諏訪湖から始まって太平洋に出る天竜川でした。



スポンサーサイト

島根県 津和野城跡から

超久々のお城シリーズですが、在庫がたくさんあるのに最新のパノラマをUPしちゃった。

最新です。

ホヤホヤです。



津和野城は標高367mの頂上にある山城です。

ここまでヒーヒー言いながら登らないといけないわけではなく、

リフトがあります。



津和野の街には2度ほど来たことがありましたが、津和野城は初めて。

例のごとく予備知識無しで行ってみると、思いもよらぬ立派な山城だったことがわかりました。


石垣は城下から見えていますが、建造物などは何もありません。



本丸から城下を見た景色です。

津和野城跡
撮影日 2015年5月1日


向きは真東。


良い天気で良い眺めで気分が良い!

真ん前の美しい形の青野山

津和野川に沿って細く広がる城下町

山裾にはJR山口線の線路が横たわります。

SLが走ることで有名ですよね。


GW中ではあるけれども、一応平日。

城山に登ってくる人も少なくて快適でした。







さて、

リフトを降りるとすぐ石垣かと思いきや、本丸までちょっとハイキングでした。

ちょっとだけ。

距離が短いので登山する人なら散歩レベルか?


こんな感じの道です。
津和野城跡


津和野城跡


途中で堀切の跡もありました。

津和野城跡






先に出丸に出ます。

ここからも良い景色!

津和野城出丸

どこからでも青野山が一番先に目に飛び込んできます。

この青野山ですが、どこから見ても形がきれいです。

ひょっとしてと街の喫茶店で聞くと、やはり火山だったそうです。



そして、ふと思い出したのが一昨年に関空から博多へ向かう飛行機から見た山です。

あまりに形が良いので後で調べようと写真を撮っておいたのがコレ

青野山

今、地形を地図で確認してみました。

間違いない・・・青野山だ!

津和野城跡はギリ写ってないけど、山の左側の川沿いの街が津和野城下だ!


わたし偉い!(なにが?)


すんごい嬉しくなってしまいました。






奈良県 斑鳩町 三室山パート2


数年前にもUPした奈良県の桜の名所、三室山。(前回のパノラマはこちら

また行ってしまいました。




晴れて花見ができるのはこの日が最初で最後だという天気予報。

のんきに洗濯物を干してる場合じゃない!

と、桜を求めてチャリで突撃しに行きました。

目的地も決めず走り出すいつもどおり無計画なサイクリングです。



大和川に出たら、向こうにでっかい桜餅(みたいになった三室山)が!

三室山


晴れてるし、前日の雨で空気もけっこうスッキリしてるし、何よりまだ午前中。

山に吸い寄せられるように竜田川方面へ向かいました。




まず竜田川からのパノラマを

三室山

竜田川沿いでもたくさんの人が花見をしてました。

皆バーベキュー花見ではなく弁当花見です。

肉の匂いと煙がなくてホッとしました。

やっぱ花見は弁当じゃないと雰囲気出ないもん。



さてと、ひとしきり写真を撮って、どっち行こうかな~と考えました。

この山、登ったことがないんだよな・・・


行ってみるか~



山の中は花見の人でいっぱいです。

三室山


都会の花見と違って、皆さんのんびりまったりという感じです。

のどかだ。

すげーのどか。



桜の間から外界が見える場所があったので、パノラマをもう一枚。

三室山

外界を見てものどかだ・・・


写真は東を向いてます。

真ん中よりちょい左に法隆寺の駅、ちょい右に西名阪自動車道の法隆寺ICがあります。

遠いし建物が多くて見えてません。



そして法隆寺は・・・

ずーっと左です。

桜がなかったら見えるのかな?

駅からもICからもちょっと遠いんですよね。


もうちょっと富士山

前回富士山一周で大量に富士山の写真を並べたのに、

また富士山で押す。


だって大量にあるのだもの。



今回は少し離れた場所から。


まずは、焼津からの富士山
富士山

船と富士山も合いますな。

雲がかかってるのが惜しい!




御前崎から
富士山

駿河湾の向こうに見える富士山。

前に来た時は全く見えなかったから感動でした。




そして


空からの富士山
飛行機から富士山
地形がわかるように大きめUPです


飛行機乗ってて富士山見えたらテンション上がりますよねえ。

南アルプスの北側のようなので、諏訪か茅野の上空くらいでしょうか。

伊豆半島、三浦半島に挟まれた朝日に光る駿河湾。

富士山の北側に山中湖、河口湖、本栖湖も光っております。

甲府市内を流れる川も光っております。

絶景かな!






更に遠くからの富士山
富士山


この中に確かに富士山が写っております。

巨大UPしてあるのでクリックして探してみましょう!

・・・・・・わからないですね



なんとか判別がつくように拡大して加工してみました。

富士山

出ました富士山です!

手前に一直線に横たわるのは渥美半島です。

海を挟んで紀伊半島、なんと三重県の鳥羽市からの写真でした。

直線約200キロ。

ちゃんと肉眼で確認できたんです。

いや~見えるんですね。

でかいぞ富士山!



ぐるっと富士山東西南北

年末年始、東海地方へ旅行しました。

関西は雪で、珍しく積もったらしいんですが、旅行中はほぼ晴れ!

東西南北どこへ言っても富士山が見えて、正月から縁起がいいやらなんやら


私は同じ場所を様々な角度から見るのが好きです。

富士山も美しい円錐状かとおもいきや、見る角度によって微妙に表情が違うんですね。




では


どっさり並べてみます。


DSCF3343.jpg
神奈川県と山梨県の県境の三国峠付近

東側からの富士山。





CIMG2194.jpg
山中湖畔

右裾野のボッコリが特徴的。





IMG_4388.jpg
忍野八海

北東からの富士山。

左右ともきれいに対称。





DSC_0256.jpg
道の駅なるさわ

ほぼ北から。

筋?が右に流れてて、ワタシ的にはあまり見たことがない富士山の表情。





DSCF3399.jpg
朝霧高原付近

西側からの富士山。

大沢崩れが見えてきた。





IMG_4671.jpg
白糸の滝付近

てっぺんがなんだか尖ってる感じ。





富士山
三保の松原付近

宝永火口が稜線に出てきたので、稜線が直線ではなくなった。




IMG_1366.jpg
田子の浦付近

2012年春の写真なので、時期は違うけど。

宝永火口が見えてきた。でかい!




IMG_4566.jpg
十里木高原

南側に出て宝永火口がすっかり見えた。

裾野から山が生えてるみたいで、円錐部分が低く見える。




DSC_0287.jpg
裾野市

ここのシンメトリー具合は素晴らしい。




DSCF3293.jpg
御殿場市

裾野が広い。

宝永火口が目印になって、移動してる方向がわかる。




CIMG2124.jpg
富士スピードウェイ

三保の松原と反対側の稜線が崩れた。




これでほぼ一周。

頂上の形や大沢崩れ、宝永火口の位置によって表情が変わるのがよくわかる。

富士山・・・奥深いぜ!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。