ぱのらままにあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川県 白米の千枚田

能登半島の先にある輪島市にある棚田です。

棚田百選に選出されている中でも有名な、白米の千枚田。


夏の旅行にどうしても加えてくれ!!と、ダンナさんに熱望し、

これを見るためだけに輪島まで行ってもらいました。



撮影日 2011年8月19日

白米の千枚田

棚田の様子がわかるように、2300×743の大アップです。

是非拡大してご覧下さい。



当日は、ちょっと曇ってました。

なので色がちょっと暗め。

でも素晴らしい絶景です。

海と棚田の組み合わせなんて、奈良県では絶対に見られないですからね。




棚の一つ一つが小さすぎて、角刈りのイモムシがびっしり並んでるよう・・・

に見えたのは、虫好きの私だけでしょうか。



この後、黄金色に色づき、刈り入れを迎え・・・と、表情を変えていくわけです。



白米の千枚田


白米の千枚田














スポンサーサイト

奈良県 明日香村の棚田

棚田の秋は金色の階段…

にはちょっと早かったみたいです。

今ごろは金色かな?

ひょっとして刈り入れが終わってるかな?




奈良県の明日香村は棚田がいっぱい。

石舞台古墳からどんどん坂をのぼって行き、桜井市の境辺りからの景色です。





撮影日 2010年10月1日


明日香


左の空が白く飛んでしまってます。

残念。


ど真ん中の奥にある二つの山は、右が葛城山、左が金剛山。

ということは、撮影地点からほぼ西を向いてるということですかね。


この場所まで登ってくる途中、真っ赤な彼岸花がたっくさん咲いてましたが、

ここまで来るとあまり咲いてないのは何故でしょうか。


それがちょっと残念。



彼岸花も色が悪くなってきてたので、今頃はもう終わってるんでしょうね。

秋が深まっていきます。




奈良県明日香村 稲渕水田

奈良県は今年1300年祭。

このブログでも奈良大会といきたいところですが、どの観光地も普段より人が多いようで

逆に足が向かなくなっているという・・・根性ナシ



でも出しそびれているパノラマはまだまだあるので、今回は奈良に戻りたいと思います。



久々の登場、古代ロマン溢れる明日香にある棚田百選、稲渕の棚田です。

今回は水田の風景を。



撮影日 2009年6月28日




稲渕


あいにくの曇りの日。

時折青空が見える程度の。



以前ここで出会ったおじいちゃんの田んぼでしょうかね。

お耳が遠くて会話に普段の倍ほど声量が必要でした

お耳以外はお達者で、急な坂道をホイホイ登って行かれました。



上りきった辺りから下を向いて。

稲渕


一番上の方は休耕田となっています。

人手が足りないのかな~。


明日香という地は考古学が好きな方が移住されたりして、

けっこう他県の方もいらっしゃると聞きました。

畑仕事手伝ってあげて。

・・・おまえがやれって?





あんなに気に入って何回も訪れていた明日香ですが、今年はまだ一回も行っていません。

原因の一つは自由になる車が無いこと。

度々、電車で行って駅からレンタサイクルで走り回る財力と根性は・・・無い。


ダンナさんと行くとゆっくり見ていられないので(すぐに飽きて帰りたがる)

一人がイイナ。

最近本当に一人が大好き。






おまけ


明日香の棚田 季節の移り変わり

稲渕



稲渕



稲渕



稲渕



稲渕



DSCN2940.jpg



もうちょっとうまく写真が撮れたら・・・

はははは





奈良県 春の三室山

梅、桃、桜、菜の花・・・

春は見ごたえのある花の季節です。



そろそろ桜の開花の声が聞こえてきましたので、桜のパノラマをひとつ。



奈良県の桜の名所でもある別名 「巨大な桜餅」 三室山が見える景色です。

そんな別名は無いか



撮影日 2008年4月3日

三室山

以前にも同じ日のパノラマをUPしています(記事はこちら

いったいどれが山?

というほど小さい小さいお山です。


この写真は東側の田園地帯から撮ったもの。



ちなみに前回のパノラマは北側にある竜田川にかかる橋から撮ったもの。たぶん。



奈良県内の桜の名所ではかなり見ごたえがあると思いますよ。

ただ、特に駐車場があった覚えが無いので、車で行くと不便かも。

法隆寺あたりでレンタサイクル借りてうろうろするのが一番いいでしょうね。

私もこのあたりはいつも自転車で散策です。

特に春は楽しい♪



もう一枚、もっと近くからのパノラマ。



三室山


竜田川の対岸から。

やぱり見ごたえあります。





そうそう、先日法隆寺の近辺を通りかかったときに結構大規模な発掘調査をしてるのが見えました。

中宮寺跡の発掘だとか。

千数百年前の遺跡が地中から現れるわけですね。










奈良県 斑鳩の稲刈後

撮影日 2008年10月19日

田園

稲刈後の風景・・・・・は既に古い11月も下旬ですね。

たまには余計なことは書かずに写真のみをUPします。



このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。