ぱのらままにあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫コレクション第24弾 透ける美羽

最初はランダムに虫の写真を並べるだけのシリーズだったのが

なんとなく分類して並べるようになって。




今回の虫写真は、UPしたいと思いながらシリーズとしては枚数が少ないなと

温めてた写真です。




増えないので出しちゃえ。えいっ










薄い和紙のような羽
蛾
もしくは薄いプラスチック板?
プラスチックより和紙の方が表現としては美しいので、和紙にしとこう。
山を散策していて、地面に止まってる蛾を何気なく撮ろうとしゃがみこんだら
羽が透けてるのに気づいたんです。
羽の透け方が絶妙に美しい。
鳥取県大山にて








実は透けてる羽
アサギマダラ
大好きな蝶です。
アサギマダラの浅葱色の部分は実は半透明で透けてるんですよね。
そのおかげで羽の繊細な美しさが倍増です!
鳥取県美保関にて









完全に透け透け
スケバハゴロモ
この虫透けてる!!!!と大騒ぎ。
なんで透けてることに大騒ぎしたかというと、蛾だと思ってたからです。
トンボだカゲロウだと、羽が透明なのが当たり前の虫なら騒がない。
でも触覚が無い。
調べるとスケバハゴロモという虫で、ハゴロモの仲間だと書いてました。
写真を見るとセミによく似てますね。
見つけた時の感動は忘れられません。
東京都奥多摩にて









高貴な黒い羽
蛾
ちょっと大きめの蛾ちゃんです。
なんちゅー美しい羽!
調べてみると、画像検索ではウォンサンスカシクロバというのが一番似てますが
大きさがちょっと違うんですよね・・・
近寄って撮ってたら手に乗ってくるという愛くるしさ。
島根県美保関にて










4枚だけでした・・・

無理もない。

羽がある → 飛ぶ → 撮れない


たまたま葉陰などでじっとしているヤツを偶然見つけるという低確率で撮れた

私にとって貴重な写真でございました。



では、また何かの括りを思いついたらお会いしましょう。











スポンサーサイト

虫コレクション第23弾 バッタバッタバッタ

虫コレも久々ですな。

ブログ放置中、実は一番写真が増えてるのが虫写真。

今回はバッタたちの写真ばかりでいってみたいと思います。




今までどおり、ただ並べるだけ!

バッタは種類とか名前がま~ったくわかりません。

うししし







枯れ枝じゃないよ
バッタ

色といい質感といい、枯れた藁に混じってたら絶対わからなかった。
石川県の巌門の遊歩道にて







私が一番好きな色
バッタ

透明感のあるライトグリーン。
後ろ足が伸びきっていて臥せ!な感じ。
鳥取県の大山、桝水高原にて







殿様!
バッタ

これは殿様バッタ。多分。おそらく。そうなんじゃないかな・・・。
殿様だけにでかい。
大阪府の大阪市立大学理学部附属植物園にて







冬に出くわしたヤツ
バッタ

バッタって冬にはいないと思ってた。
2月の寒い日なんですが・・・。超フライング?
けっこう大きいヤツなんですが、これも殿様なのかな。
奈良県畝傍山登山道にて








本当に美しい緑
バッタ

この透明感。ホレボレです。
これまでのヤツと種類があきらかに違いますが、なんていうヤツなんでしょうか。
頭でっかちなプロポーションです。
奈良県山添村にて





そして


今回のお気に入り~




正面から顔面を捉えました
バッタ

なんというすっとぼけた顔。
かわいすぎる。
正面だけを撮ったので、どんなバッタだったのか全然記憶がありません。
奈良県室生寺近辺にて









今回はここまで。

先に書いた通り、虫写真はかなりあります。

今後、虫コレ頻度は高いでしょう。



ではその時まで、ごきげんよう。






虫コレクション第22弾 シジミとジャノメ・ヒカゲ

えらい長期休暇となってしまいました。

夏バテバテです。


でも、何ごともなかったかのようにまた突然虫コレいってみよ。




今回はとシジミ蝶とジャノメ・ヒカゲ蝶の仲間

既にUP済みの写真もありますが、そこも気にせずいきましょ。






シジミ蝶



何シジミだかわかんない。
虫コレ22
奈良県 川上村




これはツバメシジミのメスだと思う。
虫コレ22
奈良県 馬見丘陵公園




シジミ蝶の種類は、ちょっと種類の分別ができません。

小さくてきれいで、身近に飛んでいるので写真は増えるんですがね。





ウラギンシジミ
虫コレ22
奈良県 室生
大型のシジミでです。
大きいので、調べるまでまさかシジミ蝶の仲間だと思っていませんでした。


こいつはとても攻撃的なヤツでした。

山道を歩いていると、ピシッ!ピシッ!と音が鳴るほど何度も激突してきました。

ちょっと歩くとまた別のヤツが攻撃を仕掛けてくる。

静かな森を破壊されるとでも思ったのでしょうかね。





ルリシジミ
虫コレ22
奈良県 室生

ウラギンシジミに攻撃されながら歩いていくと、鮮やかな瑠璃色の蝶が

何度もひらひらと飛んでいきます。

あまりにきれいなので、追いかけて追いかけて・・・・止まらないので撮れず。

歩きつかれてちょっと休憩した場所の地面をふと見ると、集団が!



でも羽を広げてくれないので瑠璃色は撮れませんでした。






ジャノメとヒカゲ蝶



ヒメウラナミジャノメ
虫コレ22
奈良県 室生口大野駅



ジャノメ蝶の種類はよく遭遇するけどあまり撮れません。

コレクションの中を見て、ヒメウラナミジャノメの写真しかないことに気付き、

ちょっとショック。




ヤマキマダラヒカゲ
虫コレ22
奈良県 下北山村

標高が高い山奥の道路の上でじっとしてました。




サトキマダラヒカゲ
虫コレ22
奈良県 河合町

奈良盆地の中の林の木でじっとしてました。





ヒメキマダラヒカゲ
虫コレ22
長野県 上高地

森の中の草陰でじっとしてました。



ヤマキマダラヒカゲとサトキマダラヒカゲは実は全然区別がつきません。

強引に名前をつけたのは、撮影場所からです。

標高1000m以上の場所で見つけたのでヤマキマダラヒカゲ。

平地で見つけたのでサトキマダラヒカゲ。




こんなことでいいのかな?


ゆるゆるの虫コレなので、良しとしましょう。





では次回またお会いしましょう。






虫コレクション第21弾 弱肉強食

お城大好き。

でも虫も大好き。

岡山城またまた休憩。



毎度思いつきで登場する虫コレクションです。




今回はちょっとグロいかもしれないので見るのはちょっとご注意。

捕食コレクションで~す。(軽いな



コレクションというほど数はありません。

3枚だけ。



では・・・



蝿ゲッツ!
虫コレ21
見事な押さえ込みで動けない蝿。
捕らえ主はアブ・・・でいいんですかね?
上半身だけ見ると、蝿も虻も同じに見えるのは浅はかですか。
奈良県室生市にて







幼虫ゲッツ!
虫コレ21
うちのベランダは、よくハチが幼虫を抱きかかえて運んで来ます。
なんでや!
この時も変なハチがとまってるな~と思ったらまたハチがプレゼントを抱えてました。
いや、くれるわけじゃないんですけど。
そのうちいなくなりました。








ゲッツ・・・・・何を?
虫コレ21
フサフサのアブに捕らえられたツルツルの虫。
これ、けっこう大きいんですよね。
何が捕まってるのか気になってかなり探しました。が、わからず。
頭だけ見てるとゴのつくアレ?
いや~違う。状態がよくわからんけど、青みがかったきれいな羽はゴにはない。
吉野の清流のほとり、奈良県旧大塔村にて。






この3枚、私としてはけっこう決定的な現場を激写したつもりで、満足写真です。






後ろから押さえ込むという点では同じように見えて

全く違うシーンの写真



虫コレ21

生命を奪うシーンと生命を生み出すシーンは実は似てるのかな。
奈良県明日香村にて。





テーマが弱肉強食ならこんなのはどうでしょう



取っ組み合いのケンカ
虫コレ21
スズメバチの喧嘩はブンブンいう音付きで迫力あります。
喧嘩に夢中なのでカメラをマクロ範囲まで近づけたら、
何事もなかったように2匹とも方々に散って行きました。
チェッ。
高知県桂浜駐車場にて。





今回はこれにて。


また思いつきでお会いしましょう。









虫コレクション第20弾 GA・ガ・蛾SP

今年最初の虫コレは、大量にある蛾のコレクションで。

とにかく大量にあります。



全然名前がわからないので、いつものようにただ並べるだけ。





アートな模様の蛾
虫コレ20
なかなかシブくてかっこイイヤツだと思うのですが。
ステルス型・・・と勝手に呼んでいます。
奈良県室生にて。





すっかり白トビで正体不明
虫コレ20
カメラの使い方がいまいちわからず・・・
けっこうおもしろい柄だったんですが。
同じく奈良県室生にて。






ひらんひらんと飛んできた
虫コレ20
はらはら、ひらひらという感じで飛んできて、近くにとまりました。
奈良県室生口大野駅。






the 蛾色
虫コレ20
蛾の色のイメージってこんな感じ。
でもこの子はとっても小さくてかわいさもある。
これはうちのベランダにいたんだけっかな?






キャンプのお客
虫コレ20
キャンプの灯りに集まる大勢のお客さんのうちのステルス型の蛾。(勝手に呼んでるだけだって)
奈良県天川村。






微妙な色合いの子
虫コレ20
本当に微妙に青味がかっている。きれい。
徳島県剣山。






似てるようで全然違う
虫コレ20
パッと見るだけでは似たように見えるのに、模様も何もかも違う。
蛾って奥深い。
奈良県天川村。






トイレの灯りのお客さん
虫コレ20
ツルっとしたような表面に見える蛾もけっこういますよね。
奈良公園二月堂付近。






蛾と思ってたのに違う種目
虫コレ20
シリアゲという種目らしい。確かに微かにシリがあがってるような・・・
ヤマトシリアゲで合ってるのかな?
奈良県室生にて。






蛾と思ってたのにセミの仲間?
虫コレ20
我ながらよく見つけたと思う、保護色なヤツ。
透明感のある緑がとっても美しい。アオバハゴロモ
奈良県明日香村。





たくさん並べたなぁ。

蛾特集のはずが蛾じゃないものまで混じってますが。


でもまだまだあるんです。



また、気が向いた時にお会いしましょう。







このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。