ぱのらままにあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良県 信貴生駒スカイラインから夏の景色

同じ日の大阪と奈良。

山を境にお天気がなんだかな~





撮影 2008年8月13日


大阪側
信貴スカ

視界スッキリ。

海も眩しく六甲山脈もクッキリ。

風が心地よくて爽快。



奈良県側
信貴スカ

晴れ・・・雨?

スポットな雨が数箇所クッキリ見えます。

霞の中は土砂降りだと思われます。

虹まで出てます。




去年の夏、奈良は毎日どこかでゲリラ豪雨?というメリハリが利いた

天気が多かったです。

高い場所から見晴らしてみて一目瞭然。


盆地と海と繋がる平野では天気が違うもんなんでしょうかね。




昨日も今日も雨。

ず~っと本降り。

湿気でヘロヘロです・・・


スポンサーサイト

信貴生駒スカイラインからの大阪湾 シルエットバージョン

タイトルながっ!!

先日さわりの2枚だけつなぎをUPしましたが(コチラ)、これが完全版です。

信貴スカ

今回は5750×625の大サイズです。クリックして最大で見てみてくださいね。

父カメラは光学12倍ズームなので、光学最大で撮った写真を繋げてあります。

海の光ってる部分が中心のズームなので、シルエットバージョンになりました。

実際の景色はもっと普通に見えてます。



範囲は堺市の堺港あたりから大阪ミナミの辺でしょうかね。

左寄りの横長く光ってる屋根は何?

調べてみると長居陸上競技場のスタジアムの屋根です。でっかいですね~


真ん中から少し右よりの目立つ高層ビルはコスモタワーかな。

将来大阪府庁になるかもしれないビル。

大阪の中心があそこに移って来るかもしれないわけですね。


その右側、天保山の観覧車はわかりやすい。天保山から北に橋を渡ればユニバーサルシティ


あのあたりもぜ~んぶ埋立地か。

それを思うと、なんだかな~・・・・です。


その手前あたりに通天閣がちゃんと写ってます。


神戸方面は遠すぎるのと大阪ほど縁が無いのとであまりわかりません。

明石大橋の袂がこないだ見た地なのではっきり景色が思い出されるくらいですかね。



広いようで狭いようでやっぱり広い大阪湾。

いつも思いますが、このまま飛んで行きたい景色です。



詳しい地図で見る




信貴生駒スカイラインから大阪湾

日帰りできるところをウロウロしています。

久々に信貴生駒スカイラン、通称:信貴スカに行ってきました。

大阪府と奈良県を分ける生駒山脈の尾根を走る有料道路です。

このブログで登場するのも久々。


空気がきれいな日だったのでくっきり大阪湾の拡大写真を2枚だけつなげました。

大パノラマはまた後日・・・

大阪湾

明石海峡大橋がくっきり。

連絡橋がくっきり写ってるのは新神戸空港でしょうね。

連絡橋の前の高層ビルは、多分WTCのコスモタワーかな。

広大な埋立地帯です。

どこまでが本来の地面なんでしょう。




ずっとここで日が沈むまで見てれば素晴らしい夕焼けが見れたんですが、

この後別の場所へ移動してしまいました。

またいずれ紹介していきます。


奈良県 信貴生駒スカイラインから大阪の夕景

トップの画像を入れ替えました。

季節感が無い写真に見えますが、2年前のゴールデンウィークに撮ったものなので、

時期は今より先なんですよ~。

この写真は既にブログ書き始めた初期の頃に登場しています。



その前の画像というのが、まだ記事としては登場してなかった写真なので、今回はそれを。

お馴染みの信貴生駒スカイライン(南部)からの景色を繋げたものです。
信貴スカ

う~ん・・・飛んで行きたい・・・

撮影は2008年1月14日です。まだ今年が始まったばかりの時期。


大阪湾側から平野全体が照らし出されています。

いつも、複数枚の写真を繋げるために明るさを調整しているのですが、

街をくっきり出そうとしたら、太陽周辺が明るくなりすぎて全く見えなくなってしまいました。

一番右の北摂方面との色の差がすごいわ~。



同じ場所でずーっと見てるとどんどん街の色が変わるのを感じられます。

オレンジから赤くなり、太陽が沈むと青くなり、夜景が広がっていきます。


一人だとずっと見てるんですが、この日は父と母が一緒だったので、

「もうええやろ~おなかすいたわ」と、夜景までは見てられませんでした。

これはうちのダンナさんが一緒にいても同じこと。


一人やったら見てられんのに・・・益々孤独を愛してしまいそうです。

(帰ろうって言う人がおらんからこないだみたいな暴走ドライブをするんですが



同じ日の30分後のパノラマ記事はコチラ

同じ位置からの昼間の写真の記事コチラ

夜景の写真(コチラ)もあります。


オマケ

その日の夕日です。(生駒山付近から堺方面をトリミング)
DSCN9907.jpg


信貴生駒スカイライン 春の景色

日本の春は梅、桃、桜・・・

ついに桜が咲き始めました。

日本って本当に桜が多いと、春になると実感します。


信貴生駒スカイラインの、鐘の鳴る展望台からの眺めですが、今回は360度繋げてあります。
信貴スカDSCN9659

撮影は2007年4月5日です。去年のちょうど今頃。

去年は桜の時期が早かったので、

少し高い場所を走るスカイラインも、4月の初めで満開になっていました。


写真のちょうど真ん中が生駒山です。

それをはさんで左が大阪府、右が奈良県です。

拡大していただくと、尾根を走る道路が見えます。(左に見える橋はスカイラインとは別の道です)



これまで大阪を一望するパノラマは紹介してきましたが、

スカイラインから奈良を展望するパノラマは初めてかもしれません。

奈良側の方が山の斜面がなだらかなので、平地までが少々遠い。

生駒山の右に濃く見える低い丘陵地帯が矢田丘陵、

その向こうに奈良盆地が広がり、若草山や春日山などの奈良市東部の山が見えます。

更に右を見ると、奈良盆地が広く見渡せます。

原寸の写真では遠くに大和三山、飛鳥地方も確認できます。

更に向こう側には、大峰奥駆道と言われる世界遺産の山々が見えます。

そして一番右、向こう側に薄く、二上山葛城山金剛山が完全に重なって見えます。

生駒山からほとんど後ろを見る格好になります。



奈良という土地は本当にぐるっと山に囲まれています。

色んな場所から色んな角度で同じ地域を見るのが楽しくてやめられません

大阪側の景色の素晴らしさは今までさんざん書きましたので、今回は奈良を解説しました。

(わからんわ!もっと詳しく!という方がもしおられましたらコメント下さい)


信貴生駒スカイランは有料道路です。

片道でも1100円・・・高いよぉ

そうそう何度も行ってられないのですが、春は桜が多いのでまた今年も行きたいなぁ

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。