ぱのらままにあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島根県 津和野城跡から

超久々のお城シリーズですが、在庫がたくさんあるのに最新のパノラマをUPしちゃった。

最新です。

ホヤホヤです。



津和野城は標高367mの頂上にある山城です。

ここまでヒーヒー言いながら登らないといけないわけではなく、

リフトがあります。



津和野の街には2度ほど来たことがありましたが、津和野城は初めて。

例のごとく予備知識無しで行ってみると、思いもよらぬ立派な山城だったことがわかりました。


石垣は城下から見えていますが、建造物などは何もありません。



本丸から城下を見た景色です。

津和野城跡
撮影日 2015年5月1日


向きは真東。


良い天気で良い眺めで気分が良い!

真ん前の美しい形の青野山

津和野川に沿って細く広がる城下町

山裾にはJR山口線の線路が横たわります。

SLが走ることで有名ですよね。


GW中ではあるけれども、一応平日。

城山に登ってくる人も少なくて快適でした。







さて、

リフトを降りるとすぐ石垣かと思いきや、本丸までちょっとハイキングでした。

ちょっとだけ。

距離が短いので登山する人なら散歩レベルか?


こんな感じの道です。
津和野城跡


津和野城跡


途中で堀切の跡もありました。

津和野城跡






先に出丸に出ます。

ここからも良い景色!

津和野城出丸

どこからでも青野山が一番先に目に飛び込んできます。

この青野山ですが、どこから見ても形がきれいです。

ひょっとしてと街の喫茶店で聞くと、やはり火山だったそうです。



そして、ふと思い出したのが一昨年に関空から博多へ向かう飛行機から見た山です。

あまりに形が良いので後で調べようと写真を撮っておいたのがコレ

青野山

今、地形を地図で確認してみました。

間違いない・・・青野山だ!

津和野城跡はギリ写ってないけど、山の左側の川沿いの街が津和野城下だ!


わたし偉い!(なにが?)


すんごい嬉しくなってしまいました。






スポンサーサイト

神奈川県 小田原城から北側の景色

夏バテ。

初めて激夏バテに見舞われております。


節電の夏とか何とか言ってますが、我が家は毎年クーラー使用減運動をしてるので、


別段いつもと変わりない夏の過ごし方です。



ただ、暑さに耐える体力が年々減少してるのか、バテ具合が半端ない!


という、長く更新しなかった言い訳でした。







今回はやっと小田原城最終回です。



天守閣から見た北側の景色です。



撮影日 2010年12月30日

小田原城北



山が見える。


けっこう標高がありあそうな、魅惑の山脈


そう。丹沢です。



「そう」とか言ってますが、丹沢山地に関しては名前しか知らなかったんです。


地図を見て、ネットで調べて、なんとなくわかったことは、


修験者の信仰の山だったり、深い谷山の様子など、ちょっと奈良の山と似てるかな~??


ってこと。


いつか行ってみたい。




中央には線路と小田原駅がどどんと見えています。


東海道新幹線に東海道本線に・・・箱根登山鉄道!!


小田原駅が始発だったのか!


スイッチバックで箱根を登ってく電車ですよね?(その程度の知識)


是非是非、一回乗ってみたい電車なんですが、なかなか機会に恵まれません。


なんつっても、関東に足を向けることがなかなかないので




そんな憧れの路線が目の前にあったのか~


・・・・現地で調べればいいじゃないか。




もうひとつだけ、地図を見ていて思ったのは、


駅の周辺の道がややこしい!


車で走っていてもややこしいと思ったけど、この道の作り方はやっぱり


お城の縄張りに関連しているのでしょうかね。










では、これまで天守閣の写真を出さなかったのでここでどどんと。



小田原城北


復元天守だと思ってましたが、ウィキペディアで「復興天守」って書いてます。


展望台の役目をさせるために、最上階を変えたので復元とは違うということになったらしい。



ちょっとくらいいいんじゃ・・・ってのは甘いのかな?



小田原城北



天守閣以外も櫓や門など、どんどん復元していってるようです。


訪れた時も工事中の箇所がありました。


すごい規模の復元ですよね。


建物が新しいので、築城当時の雰囲気を味わえるのはまた別の魅力があります。







冬のどんより天気の中の登城だったので、鮮やかな写真が全くない。


次回は是非青空と共に見たいです。





大きな地図で見る



神奈川県 小田原城から西側の景色

小田原城天守閣からの眺め。


今回は西側。






箱根方面になるのかな?山の景色です。



山大好き ワクワク




撮影日 2010年12月30日

小田原城西

右側にある土手は八幡山古郭東曲輪だそう。


地図に書いてあるので間違いない。


というか、見るからに曲輪の跡の様子ですね。



下側に見切れている部分に東海道本線が通っています。


地面から一段下になっていて、左側はトンネルになっています。


トンネルって山を突っ切るためにあるものだと思ってたんですが、


小田原城周辺は複雑な地形をしていて、起伏を縫うようなトンネルです。




小田原城周辺に限らず、東京を中心にそういうところが多いイメージ。


関東平野って複雑な地形が多くておもしろいっす。






西側はどんどん山になっていくので見上げる景色という感じでしょうか。


奥の山は1000m前後あるようです。


左のボコボコしてるラクダのコブの一番右が明星ヶ岳(924m)で、


右の一番高い山が明神ヶ岳(1169m)。




だと思う!




合ってるのかどうかが全くわからないのがもどかしいです。


ただ、山の名前が面白いですね。


星から神に向かって高くなっていくんだな~。



山のテコボコぶりは現地でもとても印象に残りました。



その向こう側が箱根のようなので、外輪山にあたるのでしょうか。





そしてこれが最大の興味。


富士山って見えないのかな?


アホかと言われそうなほどありえないことなのか、


実はてっぺんの端っこが見えているのかとか、



わからないから未だにロマンを感じています


ま、見えない確率の方が高いんでしょうけど~~







おまけ


周辺観察




デコボコ山のてっぺんに何か建ってる
小田原城西





駐輪場があり、車もたくさん停ってて、入口から階段・・・

駅???
小田原城西
でも地図見てもそこに駅はなく・・・・
なんと競輪場だった




そして競輪場を見下ろすように高校がある
小田原城西
絶対グラウンドからレースが見えるよね。
おもしろい景色の高校だわ。







神奈川県 小田原城から南側の景色

前回に引き続き難攻不落の名城、小田原城よりお送りします。


今回は南側のパノラマ。




撮影日 2010年12月30日

小田原城南

やっぱり海だ~~~


水平線上に浮かぶ大きな島影は・・・きっと三宅島!


右の山から海に伸びてくる岬は・・・きっと真鶴岬!


地図から導き出した答えです。


合ってるのかな?



右手手前のなだらかな山はみかん山ですかね。


これは山の様子だけでそうだと思いました。


和歌山でよく見るみかん山に様子が似てるので。






でも、いつものように現地では全く気づいてませんでした。


行って、写真を撮って、帰ってじっくり見て、気づく。



現地で気付ければ確認のしようもあるのに、興奮で注意力散漫なんですね。




手前の大きな建物は三の丸小学校。


名前どおり、三の丸に建てられているんでしょう。








で、地図を見ていてまた思いついた。


そもそも、小田原城って城下町も全部ひっくるめての総構えだったはずです。



私が前回の東側写真で考えていた縄張りは狭すぎです。




調べたら、度肝を抜く広さだとわかりました。


写真では、右に見える高架道路の手前当たりまで。


海岸線までも全部。


浜にはお台場が点々と。



本やテレビで見知ってても、現地で感じないと意味がないね。


もう一回行く機会があれば、そのことを思い浮かべながらこの景色を見るぞ。











おまけで何か写真をと思いましたが、


あんまり良い写真がおまへん。




一枚だけ、なぜ?と思った写真があるのでそれを・・・



小田原城南

お城の中に畑??????

本丸東堀跡に当たる場所なんですが、堀の中に畑を作ってあるのかな???

畑に見えるけど何か違うものなのかな???




毎度ながらどうでも良いことに反応する私です。



神奈川県 小田原城から北側の景色

時間がかかるので避け気味なお城シリーズ・・・


天守閣からの眺めはこれまで19城分になりますが、


現在、あと12城分の写真があるだよ




今回は天守閣が少ない関東の中で、関東の巨大勢力だった北条家の本拠地


小田原城から東西南北の眺めをお送りします。





今回は東側から



撮影日 2010年12月30日


小田原城北


海だ~~~


お城公園から海まで1キロもないですね。


散歩レベルの距離だ。





その海、左から伸びる水平線上にうす~く陸地があるようです。


三浦半島なんだろうか。


いつもの通り、土地勘が全く無いので全然わからないんですが、


三浦半島が見えてるんなら、その手前の江ノ島とかも見えてるんでしょうか??






さて、お城の東側は小田原市の中心地のようです。


官公庁関連も中心地のビル群に近い場所にあるんだろうと、


地図中を探す・・・探す・・・探す・・・



無い!!



小田原市役所と警察署はお城から北側の随分離れた場所にあります。


お城を見つければ官公庁は簡単に見つけられるという(私の勝手な)方程式を


また破られてしまった(前回はどこでしょう)







見えている街の区画はやはり元のお城のお堀に沿ってたりします。


東側南北に通る大通り、国道1号線と255号線の一部は元の堀に沿っています。


交差点辺りが大手門だったようで、そうなると交差点から東に伸びる1号線が


大手筋?


なんか意味もなくすごいと思う・・・





小田原城の総構えはどでかいことで有名ですね。


このパノラマ写真でいうと、東側に見えてるビルのほとんどが


お城の内側ってことみたいです。


ビルだらけだとやっぱり昔の城下は想像しづらいですね・・・








おまけで城内にいた生き物の写真



城内にサル?

小田原城北
地図に小田原動物園って書いてあるので、動物園の住人かな。
寒さで身を寄せ合ってるのがかわいい。






変な塊が!

小田原城東
微妙に動くので気味悪いと思ったら、猫だった・・・







北条家の人々

小田原城東
豊臣攻めてくるらしいで~どないする~?
って話し合いしてるんだったっけかな?

生き物じゃないけど。







関東の名城、小田原城。


眺めも素晴らしいです。


例のごとく時計回りで次回は南側パノラマをご披露したいと思います。



このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。