ぱのらままにあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐるっと富士山東西南北

年末年始、東海地方へ旅行しました。

関西は雪で、珍しく積もったらしいんですが、旅行中はほぼ晴れ!

東西南北どこへ言っても富士山が見えて、正月から縁起がいいやらなんやら


私は同じ場所を様々な角度から見るのが好きです。

富士山も美しい円錐状かとおもいきや、見る角度によって微妙に表情が違うんですね。




では


どっさり並べてみます。


DSCF3343.jpg
神奈川県と山梨県の県境の三国峠付近

東側からの富士山。





CIMG2194.jpg
山中湖畔

右裾野のボッコリが特徴的。





IMG_4388.jpg
忍野八海

北東からの富士山。

左右ともきれいに対称。





DSC_0256.jpg
道の駅なるさわ

ほぼ北から。

筋?が右に流れてて、ワタシ的にはあまり見たことがない富士山の表情。





DSCF3399.jpg
朝霧高原付近

西側からの富士山。

大沢崩れが見えてきた。





IMG_4671.jpg
白糸の滝付近

てっぺんがなんだか尖ってる感じ。





富士山
三保の松原付近

宝永火口が稜線に出てきたので、稜線が直線ではなくなった。




IMG_1366.jpg
田子の浦付近

2012年春の写真なので、時期は違うけど。

宝永火口が見えてきた。でかい!




IMG_4566.jpg
十里木高原

南側に出て宝永火口がすっかり見えた。

裾野から山が生えてるみたいで、円錐部分が低く見える。




DSC_0287.jpg
裾野市

ここのシンメトリー具合は素晴らしい。




DSCF3293.jpg
御殿場市

裾野が広い。

宝永火口が目印になって、移動してる方向がわかる。




CIMG2124.jpg
富士スピードウェイ

三保の松原と反対側の稜線が崩れた。




これでほぼ一周。

頂上の形や大沢崩れ、宝永火口の位置によって表情が変わるのがよくわかる。

富士山・・・奥深いぜ!




スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。